じゃんじゃん亭安全安心への取り組み

じゃんじゃん亭では、木曽路グループの一員として、お客様に安心してお食事をしていただけるよう「安全と安心」に配慮し、原材料から店舗で調理してお客様に料理をご提供するまで、徹底した食材管理を行っています。お客様にご提供するまでの各ステージでの取り組みをご紹介します。

食材調達における取り組み

“品質・衛生基準を定めた「商品規格書」をもとに食材チェックをしています。”

新しい食材を導入する際は、独自の品質・衛生基準を定めた「商品規格書」を作成し、原材料の情報や検査証明書を入手しています。又、取引先の工場を視察し、衛生管理基準を確認し、信頼できる取引先を選定しています。

配送における取り組み

”安心なコールドチェーン”

使用している食材は、それぞれの特性に応じ、常温、冷蔵、冷凍の3種類の温度帯にて保管管理されています。取引先、物流センター、店舗、これらの間を結ぶトラックについても温度管理を徹底しています。じゃんじゃん亭の店舗でも冷蔵庫、冷凍庫の温度を毎日チェックし記録することで、異常を見逃さない体制になっています。

店舗における取り組み

”マニュアルに基づいた衛生管理”

店舗においては、全ての従業員に衛生管理に関わる注意事項をまとめた衛生管理マニュアル及びビデオを活用し、健康チェック、手洗いや身だしなみのルール、ダスター(布巾)、まな板の用途別使い分け、日付管理など店長が食品衛生責任者として衛生管理、従業員教育にあたっています。

本部スタッフにおける取り組み

”衛生管理室による定期的検査”

当社の衛生専門スタッフが定期的に店舗を巡回し、衛生状況をチェック指導しています。又、抜き打ちで調理器具のふき取り検査や食材の細菌検査を実施し、衛生水準の向上に努めています。
今後ともじゃんじゃん亭では、料理の安全性確保に努めてまいります。

閉じる